Sponsored Link

        

【中国】厦門(アモイ)の景色

2020/ 03/ 02
                 





中国 厦門(アモイ)のビーチ

中国語の読み方だと(シァメン)



2013年頃のちょっと古い写真なので、

アート風にして遊んでみました。



厦門中国福建省に位置する都市で、

経済特区の中の一つです。

人口は370万人ぐらいはいるそうなので、

かなり大きな都市なのですね~~



廈門の歴史は古く、 中国人商人による

東南アジア貿易の拠点として繁栄していました。


アヘン戦争でイギリス軍に占領されたのち、

翌年の軟禁条約によって

外国人に対して開港されました。



その後にイギリスの租界が進み、

外国の商社や商館が厦門に進出してきたのです。



アモイはとても風光明媚な場所で、

初めて写真を見た時から虜になってしまい、

家族で旅行しました~



中国的な場所も沢山ありましたが、

ヨーロッパのような街並みも至る所にあり



いったい何処へ来たのかしら・・・

ここは、ヨーロッパ ??



と、ちょっと錯覚するぐらい(笑)



厦門大学やコロンス島も、素晴らい場所でした~

コロンス島の島内には架橋の方々や

ヨーロッパ人の御屋敷も点在していました。



また、世界のピアノ博物館もあり

こちらは、歴史を感じさせる

珍しいピアノが世界中から集められていました。

他ではなかなか見ることのできない、

貴重な博物館だったと思います!


この博物館、 今もあるのかな~~?






アモイは、 もう一度行ってみたい場所ですね~!





アモイ旅行した時にも

面白いエピソードがありますので、

また機会がありましたら、

フォトもアートとともに…お届けしたいと思います♪



ランキングに参加しています!
応援していただけると とても嬉しいです (*´∀`*)




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ


にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

いつもありがとうございます!





関連記事
                 
Sponsored Link

コメント

        

良さそうですねーー。
きっと当時の古い洋館も残ってたりするんでしょ。行ってみたいです^ ^
アモイ ベトナム語かと思ってしまいました >< すいません

そんなきれいなところなんですね。
今はとても 旅行って言う状態ではないですが、 そういう所に行くのも面白そうです。

面白い情報ありがとうございます
少し見てみます ^^

  駐在おやじ
Re:
onorinbeckさん、こんばんは。

洋館も沢山あり、 架橋の方々のお屋敷と
海に面した庭園はテーマパークのようで・・・
とても素敵でした~~
その当時・・・アモイでは日本円があまり無かったようで、両替がなかなかでかませんでした。
やっとできた時には、 ちょっと感激した思い出が(笑)

でも・・・とても良い場所でしたよ♪
Re:
駐在おやじさん、こんばんは~

厦門は、 中国でも香港寄りのほうに位置していて、 気候的には亜熱帯です。
ベトナムにも比較的近いですよ~
海に面しているので海鮮がとても豊富で・・・
とても美味しかったです •ᴗ•♪
日本からはゴルフの方がよく行かれるみたいですよ~