Sponsored Link

        

【南極観測船ふじ&ガーデン埠頭】名古屋旅行〜その6

2024/ 02/ 04
                 
名古屋旅行〜その5の続きです。

旅行2日目に出かけた、

名古屋港水族館と同じ日に立寄りました

南極観測船ふじ&ガーデン埠頭

こちらの記事になります。



水族館、展望室、南極観測船、ともに閉館が5時、

なのでとにかく時間が押していて、お急ぎモード。

そんな状況なのに、

夫がセット券の入館チケットを何処かへ紛失?!

探しまくってやっと出てきたのですが、

貴重な時間を更に消費してしまい、かけ足モードに👣




水族館へ向かう途中に撮影した写真を
ズームUPしてみました。 
写真手前の大きな船が南極観測船ふじです。

20240202155244733.jpg


入館してすぐのところには、船内の食堂があり、
調理や食事の展示があったのですが、
こちらは写真を撮り忘れました。



南極観測船ふじとは?


名古屋港ガーデンふ頭でひときわ存在感を放つ船といえば、 全長100mのオレンジ色の南極観測船ふじです。ふじは1965年(昭和40年)から 18年間活躍した2代目の南極観測船で、本格的な砕氷艦としては日本で最初の船です。
現在では、ここガーデンふ頭に船まるごとが展示されています。公開されている船内には、 操縦室や医務室、乗組員たちのプライベートな空間であった居室など、 当時の姿がそのまま残されているため、南極への旅を擬似体験することができます。
南極観測船ふじ公式HPより引用




乗組員の方の居室
ベッドはちょっと硬そうですね~

20240202155306843.jpg


医務室
20240202155330855.jpg


理髪店
20240202155425616.jpg


こちらも乗組員の方々の居室
20240202155357751.jpg


操舵室
20240202155745934.jpg


南極観測船ふじの模型
20240202155452496.jpg



20240202155504170.jpg




こちらも写真には無いのですが、ふじに乗り、
南極大陸を旅行する様子を疑似体験できる
「極感ドラマチックシアター」もありました。
南極の氷を破壊しながらふじが前進していく様子は
とても感動的でした。




20240202155630174.jpg


付近の夜景
20240202155601482.jpg



20240202155617385.jpg





ガーデン埠頭のライトアップ✨
20240204141332696.jpg

20240204141345998.jpg

20240204141434133.jpg

20240204141449297.jpg

20240204141418463.jpg




素敵なライトアップにうっとり〜!!



ガーデン埠頭でライトアップが行われるとは知らずに行ったので
水族館や南極観測船観光のついでに素敵なライトアップまで見られて、
ちょっと得した気分になりました。


本物の南極観測船自体に乗船することは、
私の場合難しい、というかほぼ不可能なので、
今回このふじで見学することができてとても良かったと思います。





以前の名古屋旅行の記事はこちらです👇


















ブログへご訪問頂き、ありがとうございました!







ランキングに参加しています。
応援して頂けるととても嬉しいです(*^_^*)
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ
にほんブログ村

関連記事
                 

コメント

        

        
Sponsored Link